若者の方は禁煙鬱に注意です

若者の方にタバコを吸っている方も増えてきていますが、タバコを吸うなら必ず注意しておきたいのが禁煙鬱です。タバコに依存してしまい、吸うのをやめられなくなってしまう方が居るというのは有名ですが、何故タバコをやめられないのかわからない、と考える方も多いです。タバコにはニコチンが含まれているので、これに依存してしまうと、急にタバコを吸うのを我慢していると、イライラしてしまったりする可能性が高いです。この症状を禁煙鬱と言います。普段から沢山タバコを吸っている方程、この症状が出やすくなり、睡眠を取る事が出来なくなったり、やる気が無くなったりと、鬱病と似た症状が出始めて来てしまいます。その結果、我慢するのをやめてタバコをまた吸ってしまうという方も沢山居ます。逆に言うと、禁煙を成功させるには、この禁煙鬱の症状を我慢して乗り越える事が重要だという事になります。どういった症状が出るかは人に寄りますが、必ずこの点を乗り越えないと長期間の禁煙に成功する事は出来ないので、注意するようにしましょう。しかし、鬱病と似た症状が出るとは言っても、本質的にはかなり違いがあります。鬱病が心の病気なのに比べると、禁煙をした際に発生する症状は脳味噌を本来の姿に戻す為の過程と言えます。ニコチンは脳のある物質の代役が出来るので、ニコチンを定期的に摂取する事になると、本来脳で作られる物質が作られなくなり、ニコチンが変わりに使用される事になります。ニコチンを摂取しなくなると代役が無くなる為、ニコチンを摂取しなければならないと脳は勘違いしてしまいますが、本来の物質が脳で作られるようになれば全く問題が無い為、タバコが必要無い体に徐々に戻って行きます。