禁煙は手縫いとマラソンに酷似

禁煙は、初めから終わりまで忍耐の連続と言っても過言ではありません。
禁煙と同じく忍耐を必要とする行為として、手縫いの縫製が挙げられることがあります。
手縫いと禁煙は、どちらも一歩ずつ行っていくことにより、確実に成果を出すことができるようになるのです。
そして、マラソンにも似ていると言われることがあります。
マラソンも一歩ずつ着実に歩を進めていかなければゴールすることができません。
こうした様子が禁煙に似ていることから、例えられることが多いのです。
そもそも、禁煙が難しいものというのは誰かが明言したわけではありません。
誰も明言していないのにも関わらず、そのような風潮になっているのです。
そのため、なぜ禁煙が難しいのかという事に誰も答えることができないというのが実情なのです。
しかし、現時点で禁煙が難しいとされる理由として、最も有力なことがあります。
それは、解決策が見つかりにくいということです。
しかも、煙草をやめることができないのは、意志の弱さが大きく関係していると言われることが多いのですが、意志の弱さは一切関係がないということがわかっています。
出社後に吸ったり、食後に吸うということは、吸いたいという気持ちに従っているというよりも、ルーティーンの一貫として捉えられている可能性が高いのです。
煙草に関して、最も多く語られることが、喫煙によりストレスが解消できるということです。
ところが、喫煙によるストレスの解消というのも、科学的根拠が一切無いと言われています。
禁煙は、マラソンや手縫いの縫製と同じです。
つまり、楽に行える方法や効率的な方法というのは存在しないのです。
一歩ずつしっかりと歩を進めることが効果的なのです。