受動喫煙などは農薬と同じようなものだから禁煙を

タバコを吸う人は吸う事が当たり前になっていても、吸わない人からすれば吸っている人の煙を見ているだけでも気分が悪くなるという人もいます。時代は禁煙への意識がどんどん高まっていますから、喫煙者でも気を使う人が増えてきています。これまでも受動的な喫煙に対していろんな話題がありましたが、それを防止するためにいろんな工夫が行われているのです。

受動喫煙であっても、やはりその煙などの影響で様々な症状をもたらすのです。分かりやすい症状が目やのどの痛みです。先ほどまでは特に何も感じなかったのに、不意に痛みなどを感じたと思ったら周囲に喫煙者がいたということは良くある話です。それだけでなく、心拍数が上昇したり手足の冷えを感じたりするなど、個人差はありますが様々な症状が出ることがあります。

また、意外に知られていませんが、受動喫煙であってもその状態が長く続くと心筋梗塞や狭心症なども引き起こす可能性が何倍にも高まってしまいます。脳卒中や喘息などの病気も起こりやすくなると言われると、なぜ自分がタバコを吸っているわけでもないのにそんな目にあわなくてはいけないのかと不満に感じてしまうでしょう。

野菜などに使われている農薬に関しても、今でこそ減らすように言われて様々な商品が販売されていますが、これもタバコと同じように蓄積することで人体への影響を及ぼすものなのです。何気なく食べていても病気になる可能性が上昇しているとなると、誰もが農薬を減らしているものや使っていないものを選びたいと思うのは自然なことです。そのため、もっと禁煙をしていくようにといろんな法律も出来ていて、受動喫煙を減らそうという意見が増えてきているのです。